§平成21年2月の新商品情報§







◆XevoWW(ジーヴォ・ダブリューダブリュー)◆     大和ハウス工業

発売日 平成21年2月2日

坪単価 税込43.9万円台〜

特長 外観デザインに木の質感や和のテイストを織り交ぜ、ユーザーが

木造住宅に求める外観へのこだわりに対応する、木造軸組・自由

設計商品。



◆無印良品 朝の家◆                    ムジ・ネット

発売日 平成21年2月14日

価格 税込2,075万円(34.75坪モデルプラン)

特長 @自由に家具を配置できる汎用性の高さと、無印の家具を合わせ

やすい細かな設計の配慮。A家族でシェアする大型クローゼットに

収納を集約し、部屋を広く使うB装飾や過剰な設備を排除。C簡素

簡潔な「普通の家」。D構造計算に裏付けられた安全性、外断熱工法

等、永く使える工夫。E大きなダイニングテーブルを配置できるセ

ンターダイニングで家族の団欒を促進。F玄関からダイニングを通

って2階に上がる、子育て配慮の空間構成。



◆MyForest[GS](マイフォレスト[ジーエス])◆        住友林業

発売日 平成21年2月6日

坪単価 税込54万円台〜

特長 主要構造材に占める国産材使用率を、従来の51%から70%へと

高め、国内山林の活性化やCO2吸収効果の向上に寄与する。

高剛性・高減衰ゴムを使用し、国内で初めて壁倍率「5.0」の大

臣認定を取得した耐力壁「地震エネルギー吸収パネル」を標準搭載

とし、耐久性を向上させた。また、全ての出入隅柱にスーパーワイ

ド檜を採用し、より強固な住まいを実現。



◆MyForest-Solabo(マイフォレスト-ソラボ)◆

<省CO2推進モデル仕様>   住友林業

発売日 平成21年2月6日

坪単価 税込62万円台〜

特長 国交省の「省CO2推進モデル事業」に採択された提案「国産材木造

住宅による太陽エネルギーのパッシブ+アクティブ利用住宅〜住人

同士の省CO2住まいのアクティブ共有〜」を同日発売のMyForest

[GS]に採用し、棟数限定にて販売する。

CO2排出量は、新省エネ基準の一般木造住宅と比べ、約65%削減

可能としている。

冷暖房の使用を低減するパッシブ設計の「涼温房」提案においては、

断熱性能を次世代省エネU地域仕様へグレードアップを図った。



◆グランツーユーAT◆              北海道セキスイハイム

発売日 平成21年2月6日

坪単価 60万円台〜

特長 少人数家族に向けたジャストサイズの木の家を、少子高齢化が急速

に進む北海道限定にて発売。120uを中心に、ライフスタイルや

家族数の変化に応じて間仕切り位置を変更しやすい配慮を施した。



◆Familin’Heim(ファミリンハイム)仕様◆         積水化学工業

発売日 平成21年2月21日

坪単価 60万円台〜

特長 大学との共同研究により、「発達心理学」に基づいた子育て家族向け

提案をパッケージ化。子育てに有用な要素を「5つのファミリンエ

ッセンス」として集約し、それぞれに効果的なアイテムを提案する。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/116243897

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。